こんなときは忘れずに手続を

20歳になったら

20歳になって厚生年金などに加入してない人は、国民年金に加入する手続をしましょう

退職したとき

厚生年金保険や共済組合に加入している方が退職した場合は次の会社に就職するまでの間、国民年金への加入の手続を行い、国民年金保険料を納める必要があります。また、扶養している配偶者がいる場合は配偶者についても変更の手続を行い、保険料を納める必要があります。

 

配偶者の被扶養者でなくなったとき

厚生年金保険や共済組合の加入者(第2号被保険者)に扶養されなくなった場合は国民年金に加入することになりますので手続が必要です。

【扶養から外れる具体例】

  • 本人の年間収入が130万円を超えたとき
  • 配偶者が死亡したとき
  • 配偶者が65歳に達し、年金を受ける資格が発生したとき
この記事に関する
お問い合わせ先

保険健康課 介護年金担当
〒367-0292
埼玉県児玉郡神川町大字植竹909
電話番号:0495-77-2113 ファックス:0495-77-2117