第1号被保険者の独自給付

付加年金

付加保険料を納めていた方は、老齢基礎年金を受け取るときに、合わせて付加年金を受け取ることができます。

【付加年金の年金額=付加保険料納付月数×200円】

(例)付加保険料を10年間納めた場合

10年(120月)×200円=24,000円

寡婦年金

 第1号被保険者として保険料を納めた期間と保険料の免除期間が合わせて10年以上ある夫が亡くなった場合に妻が60歳から65歳になるまで受け取ることができます。 

妻の要件として、亡くなった夫と10年以上継続して婚姻関係があり、かつ、亡くなった夫によって生計を維持されていたことが必要です。

【寡婦年金の年金額=夫の第1号被保険者期間だけで計算した老齢基礎年金額×3/4】

死亡一時金

第1号被保険者として保険料を納めた期間が3年以上ある方が年金を受け取ることなく亡くなった場合に生計を同じくしていた遺族が受け取ることができます。一時金の金額は亡くなった方の保険料を納めた月数に応じて120,000円~320,000円となっています。

生計を同じくしていた遺族とは以下のような方です。(受け取る順位も以下のとおりです。)

1、配偶者

2、子

3、父母

4、孫

5、祖父母

6、兄弟姉妹

※遺族基礎年金が受け取れる場合は死亡一時金は受け取れません。

この記事に関する
お問い合わせ先

保険健康課 介護年金担当
〒367-0292
埼玉県児玉郡神川町大字植竹909
電話番号:0495-77-2113 ファックス:0495-77-2117