後期高齢者医療制度

75歳以上(一定の障がいのある方で広域連合から認定を受けた65歳以上75歳未満)の方は、「後期高齢者医療制度」で医療を受けることが出来ます。

対象となるとき

  • 75歳の誕生日から。
  • 75歳以上の方は転入した日から。
  • 65歳以上75歳未満で一定の障がいのある方は、障がい認定の申請をされ広域連合から認定を受けた日から。

被保険者証の発行

  • 後期高齢者医療被保険者証は一人ひとりにお渡しします。
  • 75歳の誕生日をむかえる方には、誕生日をむかえるまでに保険証をお渡しします。

医療を受けるとき

  • 後期高齢者医療被保険者証を窓口に提示してください。

医療費の患者負担割合

医療費の患者負担割合
外来 入院
1割を負担します
(現役並み所得者は3割)
1割を負担します
(現役並み所得者は3割)
患者負担限度額まで負担

※医療費が高額になったときは、払い戻しが受けられます。

※血友病、人工透析を行っている慢性腎不全などの方の場合は、申請により特定疾病の認定を受けることで同一月、同一医療機関ごとの医療費の自己負担額が10,000円となります。

現役並み所得者について

同一世帯に一定の所得以上(住民税課税所得が145万円以上)の70歳以上の方または後期高齢者医療制度に加入している方がいる方の患者負担割合は3割です。

ただし、70歳以上の方および後期高齢者医療制度対象者の収入の合計が、一定額未満(単身世帯の場合:年収383万円未満、二人以上の世帯の場合:年収520万円未満)の方は、後期高齢者医療制度の担当窓口に届け出て認められれば1割負担となります。

入院中の食事代

入院したときは、食事の一部を負担していただきます。

入院中の食事代
A B、C、Dのいずれにも該当しない方 1食につき360円
B C、Dのいずれにも該当しない指定難病患者 1食につき260円
C 低所得者2.
:住民税非課税世帯
(Dに該当する方を除く)
過去1年間の入院期間が90日以内 1食につき210円
過去1年間の入院期間が90日超 1食につき160円
D 低所得者1.:Cのうち、所得が一定基準に満たない70歳以上の方 1食につき100円

※C、Dの方は、「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」を、後期高齢者医療制度の担当窓口で申請してください。

訪問看護を受けたとき

費用の1割(現役並み所得者は3割)を負担していただきます。

医療費が高くなったとき

医療費が高くなったとき
区分 患者負担限度額
外来の場合(個人ごと) 入院の場合・世帯単位の患者負担限度額
現役並み所得者 57,600円 80,100円+(かかった医療費-267,000円)×1%
(注 44,400円)
一般 14,000円
(年間144,000円)
57,600円 (注44,400円)
住民税非課税 2. 8,000円 24,600円
1. 15,000円

1か月に医療機関に支払った患者負担が患者負担限度額を超えたときは、申請すると超えた分が埼玉県後期高齢者医療広域連合から払い戻されます。外来受診については、患者負担限度額は個人ごとに計算され、入院については、患者負担限度額までの支払となります。

また、同じ世帯の全ての外来と入院の患者負担を合算して、世帯単位の患者負担限度額を超えた分が払い戻されます。 (注)内の金額は多数該当(過去12か月に3回以上高額治療費の支給を受けた場合の4回目の支給に該当)の場合。

保険料について

保険料について
  • 保険料は一人ひとりに納めていただきます。
  • 保険料額は被保険者の方の人数割りで負担いただく「均等割額」と所得額に応じて負担いただく「所得割額」の合計額です。
    (埼玉県の平成28.29年度保険料)
    所得割率 8.34%
    均等割額 42,070円
    賦課限度額 57万円
  • 埼玉で同じ条件であれば、原則、同じ保険料額です。
  • 所得の少ない方には、均等割の軽減措置が設けられています。

保険料の軽減措置

低所得者の所得割保険料の軽減

賦課のもととなる所得金額が58万円以下(年金収入の場合211万円以下)の方は、所得割額が2割軽減となります。

低所得者の均等割保険料の軽減

所得の水準に合わせて保険料が軽減され、軽減後の均等割額が以下の通りになります。 9割軽減 4,200円/年

8.5割軽減 6,310円/年

5割軽減 21,030円/年

2割軽減 33,650円/年

健康保険組合、協会けんぽ(旧政府管掌健康保険)、共済組合等の被扶養者だった方への軽減

  • 所得割保険料
    後期高齢者医療制度に加入した日から2年間、無料
  • 均等割保険料
    後期高齢者医療制度に加入した日から2年間、7割軽減

保険料の納め方

特別徴収(年金天引き)

  • 原則として、特別徴収(年金天引き)の方法になります。
  • 対象者は年額18万円以上の年金受給者です。ただし、介護保険料と合わせた合計額が年金の2分の1を超える場合は除かれます。
  • 偶数月に2か月分の保険料を年6回に分けて納めます。

普通徴収(特別徴収以外)

  • 町から送付される納付書にて納めます。
  • 納付書の裏面に記載されている納付場所(コンビニエンスストアも利用できます)
  • 7月から翌年の2月まで8回に分けて納めます。
  • 口座振替もできます。

※後期高齢者医療制度の保険料のお支払い方法
後期高齢者医療制度の保険料について、年金から天引きされている方(天引きが予定されている方)は、役場担当窓口へお申し出いただくことにより、口座振替により保険料をお支払いいただくことができます。
口座振替のお申し出をいただいた後、速やかに年金天引きを中止し、口座から引落をさせていただきます。
※【ご注意】支払い方法を変更しても保険料額は変わりません。

保健事業

人間ドック利用助成

1人年1回

病院で支払った検査料が、25,000円を超えた場合、25,000円の支給

健康診査

【対象者】

神川町に住所のある埼玉県後期高齢者医療制度に加入されている方 【実施項目】

問診(服薬・喫煙等)、身体測定(身長・体重・BMI・腹囲)、理学的検査(身体検査)、血圧測定、血液検査(糖質・血糖・肝機能・腎機能)、尿検査(尿糖・尿タンパク)、心電図、眼底検査、貧血検査

【実施時期及び場所】

国保で行う健康診断(特定健診)と同日となります。

「健康診断(特定健診)・健康アドバイス(特定保健指導)」のページでご確認ください。

その他の事業

葬祭費の支給 5万円

被保険者が死亡した場合、葬祭費を支給します。

保養施設利用助成

(1人年1回) 2,000円

この記事に関する
お問い合わせ先

保険健康課
〒367-0292
埼玉県児玉郡神川町大字植竹909
電話番号:0495-77-2113 ファックス:0495-77-3915

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。