埋蔵文化財に関する手続きについて

神川町内では、古墳時代を中心に、縄文時代から中世にかけての遺跡が数多く存在します。それらは「埋蔵文化財包蔵地」として位置づけられ、神川町だけでなく、日本の歴史を知るうえでの貴重な共有財産になっています。

 

文化財保護法では、埋蔵文化財包蔵地内において建築などの土木工事等を行う場合は、届出などの手続きを義務付けています。町内での開発や建築等をご予定の場合は、予定地が埋蔵文化財包蔵地に該当するかご確認いただき、必要な手続きを行ってください。

 

埋蔵文化財包蔵地の確認や、該当する場合の手続き等の詳細は、神川町B&G海洋センター内、神川町教育委員会文化財事務所までご連絡・ご来所下さい。

 

【町提出書式は下記をダウンロード】

神川町教育委員会文化財事務所 位置図

この記事に関する
お問い合わせ先
生涯学習課 文化財担当
〒367-0238
埼玉県児玉郡神川町大字肥土1205-1
電話番号:0495-77-2559 ファックス:0495-77-2559
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。