城峯山

城峯山展望台からの眺望の写真

標高1,038メートルの山頂にある展望台からの眺めは素晴らしく、360度のパノラマが広がり、赤城山や浅間山、八ヶ岳を望むことができます。

首都圏自然歩道(関東ふれあいの道)も整備され、登仙橋から皆野町の西門平までの全長14.3キロメートルの遊歩道もあるほか、城峯山の中腹には100年の森や自然水の源泉地などもあり、観光客に人気のスポットとなっています。

城峯山100年の森の写真

100年の森

森と渓流に囲まれた矢納地域は、100年後の未来への遺産「100年の森」として保全されています。森の景観や森林保全の充実をはかり、セラピー効果の高いヒノキなどの植樹やビオトープの整備等が行われています。

神泉の湧き水の写真

神泉の湧き水

城峯山の懐からしみ出る湧き水は、古来から神前に供える「御神水」として周辺住民に大切に守られてきました。今も絶えることなく湧き出ています。

関東ふれあいの道の写真

関東ふれあいの道

神川町には2つの首都圏自然歩道(関東ふれあいの道)が整備されています。1つ目は「将門伝説を探るみち」といい、皆野町の西門平バス停から城峯山を下り、城峯公園を経由し登仙橋へ至る全長14.3キロメートルmの健脚者向きの道で、2つ目は「下久保ダムを望むみち」という登仙橋から城峯公園へ進み、下久保ダム(神流湖)の湖岸を歩き三波石峡から登仙橋へ戻る全長11.2キロメートルの家族向けの道です。

どちらの道も神川町の自然を満喫できる素晴らしい遊歩道です。

お問合わせ
神川町役場 経済観光課
電話0495-77-0703

この記事に関する
お問い合わせ先

経済観光課
〒367-0292
埼玉県児玉郡神川町大字植竹909
電話番号:0495-77-0703 ファックス:0495-77-3915