令和3年4月より、スプレー缶・カセットボンベの ごみの出し方が変わります。

令和3年4月より、スプレー缶・カセットボンベの ごみの出し方が変わります。

スプレー缶やカセットボンベのごみの出し方について、これまでは「穴を開けてから出す」ことをお願いしてきました。しかし、不適切な場所、方法で穴を開けることによる爆発事故等が全国各地で発生しています。そこで。スプレー缶やカセットボンベをごみとして排出する際の皆さまの安全を確保するため、令和3年4月から次のとおり排出方法が変更になります。

令和3年3月31日まで

スプレー缶は、中身を使い切ってから、穴を開けて不燃ごみ収集日に不燃ごみ収集所へ「不燃ごみ」として出す。

令和3年4月1日から

スプレー缶は、中身を使い切ってから、資源ごみ収集日に資源ごみ収集所へ設置した「スプレー缶回収容器」に出す。

※資源ごみ収集所は、可燃・不燃ごみ収集所の場所と異なります。

 

詳細については、防災環境課まで(0495−77−2124)ご連絡ください。