ごみ

家庭から出るごみの出し方

可燃ごみ、不燃ごみ、資源ごみに分けて収集しています。地域ごとに決められた日の朝8時までに収集場所に出してください。また、各リサイクル団体が集団資源回収を行っています。ごみの資源化、 減量化にご協力をお願いします。

可燃ごみ

生ごみ、紙くず、切枝、紙おむつ、プラスチック、ビニール(農業用を除く)など

  • 児玉郡市共通認定袋(燃えるごみ用)に入れる。
  • 生ごみは十分に水を切る。
  • 袋に入らないごみは粗大ごみです。

不燃ごみ

食器類、金属製品、かさ、小型電気製品(リサイクル対象商品を除く)など

  • 児玉郡市共通認定袋(燃えないごみ用)に入れる。
  • 缶詰などは内容物を出し、中を洗う。
  • 割れたガラスなどは、危険防止のため紙などで包む。
  • スプレー缶は爆発の危険がありますので必ず穴をあける。
  • 袋に入らないごみは粗大ごみです。

資源ごみ

缶類・ペットボトル・びん類(2分別)の4分別による資源ごみ収集を町指定の収集場所で実施しています。

資源ごみの分け方

缶類
  • 「飲料缶」…リサイクルマークがあるもの
  • 「アルミ缶」と「スチール缶」は、分ける必要はありません。
  • 缶づめの缶、スプレー缶などは不燃ごみとして出してください。
スチール缶マーク
アルミ缶マーク
びん類
  • 「生きびん」…一升びん、ビールびん、焼酎びん
  • 「その他のびん」…生きびん以外の飲料用のびん。
  • 割れたびんは、不燃ごみとして出してください。
ペットボトル
  • PET1のリサイクルマークがあるもの
  • キャップとラベルをはずし、中身をカラにして軽くゆすいでください。(はずしたキャップとラベルは可燃ごみとして出してください。)
  • 出し方の詳細は「ペットボトルの出し方(PDF:605.2KB)」をご覧ください。
ペットボトルマーク

※ 地域のリサイクル団体(PTA,子ども会、行政区)でも、古紙類、缶類、びん類などの集団資源回収が行われています。集団資源回収の収集日・収集場所については、回覧をご覧になるか関係団体にお問合せください。

家庭系粗大ごみ

  1. 持ち込む方法 自分で直接ごみ処理場に持ち込むことができます。受入れできないものもありますので確認してください。
    搬入先 「小山川クリーンセンター」
    本庄市東五十子151-1 電話番号:0495-22-8200
    搬入 月~金曜日(年末年始を除く) 午前8:40~12:00、午後1:00~4:30
    料金 家庭系:100kg以下を無料とし、それを越えた場合10kgにつき40円
  1. リクエスト収集
    申込み 収集日の1週間前までに役場窓口で運搬手数料を支払い、収集シールの交付を受けてください。1回の収集について原則5品まで、品目により手数料は異なります。
    収集日 毎月第2水曜日(職員が自宅まで収集に伺います。午前8:30分までにシールを添付のうえ排出してください。但し家屋内には入りません。)

有害ごみ

乾電池、蛍光管、体温計(水銀入り)を5月と11月の年2回収集する予定です。収集日、収集場所は町の広報などでお知らせします。

小型家電

小型電子機器の無料回収を行います。ご家庭で使用済みの家電製品を貴重な資源として再利用するため、回収にご協力をお願いします。

◎収集しないもの

エアコン、テレビ、プラズマテレビ、液晶テレビ、冷蔵(冷凍)庫、洗濯機、洗濯乾燥機(家電リサイクル法対象品目)

引取り義務のある販売店や家電量販店に引取りを依頼してください。

自動車用バッテリー、ボタン電池

自動車用バッテリー、ボタン電池は販売店などにより回収・リサイクルされています。購入した店やリサイクル協力店に持って行きリサイクルしてください。

その他

有害性のあるもの、悪臭を発生するものや処理施設の作業に支障をきたすおそれのあるもの、産業廃棄物、リサイクル法対象品目などは収集・持ち込みができません。

(例) 自動車及び自動車部品、タイヤ、農機具、農薬類、ピアノ、石油類工業製品、消火器、ガレキ類。

生ごみ処理機(電動式)補助制度について

家庭から出る生ごみの自家処理を促進し、ごみの減量化を図るため、 生ごみ処理機(電動式)の購入に対して補助金を交付します。

補助金額1万円を限度に購入金額の1/2を補助します。 申し込み 領収書、保証書、製品カタログと認印を持参し、役場防災環境課に申請してください。

ごみリサイクル奨励補助制度

ごみの減量対策、資源の有効活用を目的として、町内で組織・運営している営利を目的としない団体(PTA、育成会、行政区など)で、リサイクル活動を実施している団体に対し、リサイクル奨励補助金を交付しています。

なお、奨励補助金を受けるには、登録が必要となります。 補助金額 1キログラム当り6円(平成29年度~)

事業系一般廃棄物について

ごみの減量対策、資源の有効活用を目的として、町内で組織・運営している営利を目的としない事業系一般廃棄物の処理方法としては、以下の通りです。 

  1. 小山川クリーンセンターへ自己搬入する方法
  • 搬入可能日時 月曜日から金曜日(年末年始を除く)
    午前8時40分から正午、午後1時から午後4時30分
  • 料金 10キログラム200円
  1. 町から一般廃棄物収集運搬業の許可を受けた業者に収集委託する方法。
  • 委託に関する詳細は、各業者と交渉をしてください。
  1. 少量排出事業所の特例
  • 1収集日に、事業用認定袋で2袋までのごみは、特例として地区のごみ収集所に出すことができます。

詳しくは、防災環境課 環境担当(0495-77-2124)までお問い合わせください。

この記事に関する
お問い合わせ先
防災環境課
〒367-0292
埼玉県児玉郡神川町大字植竹909
電話番号:0495-77-2124 ファックス:0495-77-3915
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。