神川町中小企業者等事業継続支援金について

神川町では、新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が減少している事業者に対して一律10万円を、さらに対象融資を受けている事業者については、融資に係る利子及び信用保証料の補助として10万円を限度に支給します。

給付額

支援金の種類 給付金額 給付条件
定額給付 1事業者あたり10万円 下記の(1)・(2)に該当する事業者
利子及び信用保証料補助 1事業者あたり上限10万円 下記の(1)・(2)・(3)に該当する事業者

給付条件

(1)神川町内において事業を行っている(注)中小企業・小規模企業者(個人事業主及び農家含む)で、今後も事業の継続の意思があること。
  *生計維持に係る主たる収入が事業収入以外にあると認められる場合は対象外となります。
  *神川町暴力団排除条例に規定する暴力団員、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に  関する法律に規定する風俗営業に該当するもの及びこれに類する業種の方は対象外となります。
  *町税等に滞納が無いこと。(新型コロナウイルスの影響による「徴収猶予の特例制度」の適用を受けているものは除く。)
(注)「中小企業者・小規模企業者」とは、中小企業基本法の定義及び中小企業信用保険法(第2条第1項第5号(医業を主たる事業とする法人)若しくは同項第6号(特定非営利活動法人))によります。

(2)新型コロナウイルス感染症の影響により売上が減少していること。
  *令和2年2月以降の売上が前年の同月と比較して減少している場合に対象となります。

(3)利子及び信用保証料補助の申請者は、下記対象融資のいずれかを利用していること。
  *令和2年2月1日以降に対象融資を利用した事業者が対象となります。
  *申請日時点で融資を受けていなくても、その後融資を受けた場合には再申請をすることで補助を受けることができます。

※対象融資

埼玉県中小企業制度融資 ・経営安定資金(災害復旧関連)
・経営安定資金(特定業種関連)
・経営あんしん資金(新型コロナウイルス特例)
・緊急借換資金
・新型コロナウイルス感染症対応資金
株式会社日本政策金融公庫 ・新型コロナウイルス感染症特別貸付
商工会・商工会議所 ・新型コロナウイルス対策マル経融資
株式会社商工組合中央金庫 ・新型コロナウイルス感染症特別貸付(危機対応融資)

申請期限

令和3年3月1日(月曜日)まで

※当初は令和2年8月31日まででしたが期間を延長しました。

提出書類

神川町中小企業者等事業継続支援金交付申請書兼請求書(両面印刷でお使いください。)

神川町中小企業者等事業継続支援金交付申請書兼請求書(Wordファイル:67KB)

神川町中小企業者等事業継続支援金交付申請書兼請求書(PDFファイル:221.3KB)

神川町中小企業者等事業継続支援金交付申請書兼請求書(記入例)(PDFファイル:274KB)

 

添付書類

(1) 直近の確定申告書第一表の写し又は住民税申告書の写し

(2) 上記申告書に係る収支内訳書の写し(青色申告の方は青色申告決算書、法人にあっては法人事業概況説明書の写し)

(3) 売上月額が減少したことが確認できる帳簿等の写し(本年分及び前年分)

※神川町からセーフティネット等の認定書を発行されている方は、(1)から(3)の書類を省略することができます。

(4) 振込先の通帳の表紙をめくったページの写し(口座番号と口座名義人フリガナの確認できるもの)

(5) 対象融資であることを証明する書類(利子及び信用保証料補助の申請者のみ)

(6) 取扱金融機関が発行する当該融資の償還計画が分かるもの(利子及び信用保証料補助の申請者のみ) 「返済予定表」、「支払額明細書」等(完済日が記入されているもの)

(7) 信用保証協会等が発行する当該融資の信用保証料が分かるもの(利子及び信用保証料補助の申請者のみ) 「信用保証決定のお知らせ(お客様用)」の写し等

 

※開業1年未満等の理由で(1)から(3)の書類が添付できない場合は、代わりに次の書類を添付。

・開業届受理証明(法人にあっては法人登記事項証明書)

・事業計画書

申請方法

感染拡大防止のため、原則として、提出書類を郵便で送付してください。

送付先

〒367−0292
埼玉県児玉郡神川町大字植竹909番地
神川町役場経済観光課 商工観光担当 宛

この記事に関する
お問い合わせ先

経済観光課 商工観光担当
〒367-0292
埼玉県児玉郡神川町大字植竹909
電話番号:0495-77-0703 ファックス:0495-77-3915