新型コロナウイルス感染症にかかる町長メッセージ

町長メッセージ(令和2年9月14日)

『町民の皆様へ』

町民の皆様には、新型コロナウイルス感染症拡大防止への取組みにご理解ご協力をいただき、深く感謝を申し上げます。

新型コロナウイルスの感染者数につきましては、国では「7月末をピークに、緩やかな下降傾向がみられる」との見解を示しておりますが、児玉郡市内におきましては8月中旬以降、感染が拡大している状況にあります。

この新型コロナウイルスには、誰もが感染する可能性があり、気づかないうちに他の方に感染させてしまうおそれがあります。

そのような中、感染してしまったご本人やご家族、そして保健医療に従事されている方々が、不当に差別的な扱いを受ける事案が全国で発生しています。

新型コロナウイルス感染症の終息が見えない今、人権に配慮した冷静な対応に努めることはもとより、一人ひとりが行動習慣を見直し、今できる感染症予防を継続することが、地域の安全をつくることにつながります。

町民の皆様におかれましては、ご自身や大切な人を守るため、引き続きマスク着用や手洗いの励行、「3密」を避けた生活など、感染症を予防する行動に努めていただきますようお願いを申し上げます。

 

神川町長 山 崎  正 弘

町長メッセージ(令和2年5月26日)

『町民の皆様へ』

埼玉、千葉、東京、神奈川の首都圏と北海道で継続しておりました「緊急事態宣言」が解除されました。

町民の皆様には、新型コロナウイルス感染症拡大防止への取組みにご理解ご協力をいただき、深く感謝を申し上げます。

長期にわたって、外出の自粛はもとより小中学校の臨時休業や町施設の使用制限など、大変なご負担をおかけいたしましたが、町民の皆様のご協力と医療関係者の方々のご尽力により、町内での感染拡大を最小限に止めることができました。

しかしながら、新型コロナウイルス感染症の猛威によって経済は大打撃を受け、当町でも飲食業をはじめ多くの事業所の皆様に深刻な影響が出ています。 そのような中、町では国や県の支援に加え、子育て世帯への給付金の上乗せや中小企業者等事業継続支援金など、独自の支援策にも取組んでおります。

今後も現状を踏まえながら、さらに支援策の充実を図る考えでおりますが、公の支援だけでなく町内での積極的な消費拡大など、皆様の日頃からの応援も必要不可欠と考えています。

宣言の解除は、日常生活の正常化へ向けた第一歩でありますが、ご承知のとおり国内では依然として感染者の報告が続いています。

そして第2波の発生の可能性も強く指摘される中、私たちひとり一人の取組みが、これからの方向を大きく左右することになります。

町では今後、国や県の指針に基づく感染症対策を講じた上で、徐々に各種事業を再開して参りますが、町民の皆様におかれましてもご自身や大切な人の命を守るため、引き続き感染症予防のため適正な行動に努めていただきますようお願いを申し上げます。

 

神川町長 山 崎  正 弘

町長メッセージ(令和2年5月7日)

『町民の皆様へ』

全都道府県を対象とした「緊急事態宣言」が5月31日まで期間延長され、本県を含む「特定警戒都道府県」に対しまして今までと同様に行動の制限等を継続することが要請されているところです。

そのような中、本県における感染者の多くは、県南地域で占められていますが県北地域においても隣接する群馬県で集団感染が報告されるなど、いつ同様の状況になってもおかしくありません。

それらを踏まえますと、外出の自粛、公共施設の使用停止、町主催イベントの中止や延期、小中学校の休業等の対策を継続せざるを得ないと考えております。

長期間にわたる行動制限等により大変なご負担やご心配をおかけいたしますが、今までと同様に感染症予防にご協力いただきますようお願いいたします。

なお、国の緊急経済対策予算の成立を受け、特別定額給付金等の支給につきましても、できるだけ早く行えるよう作業を進めておりますので、皆様の変わらぬお力添えを重ねてお願いいたします。

 

神川町長 山 崎  正 弘

 

町長メッセージ(令和2年4月8日)

『町民の皆様へ』

4月7日(火曜日)総理大臣より緊急事態宣言が埼玉県をはじめ7都府県に発令され、これを受け埼玉県知事は県内全域に対し緊急事態措置を実施する旨を発表いたしました。

それにより、神川町も国や県の要請に従い、外出の自粛、公共施設の使用停止、町主催イベントの中止及び延期等の対応を実施いたします。
皆様には感染拡大防止に向け、マスクの着用や手指の洗浄・消毒、咳(せき)エチケットの徹底に加え、密閉・密集・密接の3つの条件が重なることを避けてください。


先の見えない状況の中、住民の皆様には大きな不安を感じていることと思いますが、この緊急事態宣言は皆様と大切なご家族を守るためのものです。

国難ともいえるこの状況を変えることができるのは、皆様のお力添えにかかっています。

気持ちをひとつにして、頑張りましょう!!

神川町長 山 崎  正 弘

町長メッセージ(令和2年4月3日)

4月3日、神川町内において新型コロナウイルスの感染者が初めて確認されました。
本町としましては、県と連携しながら情報収集を行うとともに、感染拡大防止に向けた対策を行ってまいります。
町民の皆様におかれましては、引き続きこまめな手洗いや咳エチケット、不要不急の外出を控えていただくなど、基本的な感染予防策の徹底をお願いいたします。
今後も町民の皆様への適切な情報発信をしてまいりますので、冷静な行動を心掛けてください。
なお、今回の事態をうけ感染拡大を防ぐため公共施設等の利用制限を強化する対応を取らざるを得ないことになりました。町民の皆様にはご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

令和2年4月3日