暮らしの便利帳

健康

インフルエンザの流行注意報が発令されました

担当課 保健センター
☎0495-77-4041

 今シーズンのインフルエンザは11月中旬に流行期に入りましたが、12月に入りさらに患者数が増加しています。12月28日付で埼玉県からインフルエンザの流行注意報が発令されましたが、1月25日付で流行警報が発令されました。インフルエンザに感染しないように気を付けましょう!

予防方法

「外出後の手洗い」
流水・石けんによる手洗いは、手指など体に付いたインフルエンザウイルスを物理的に除くために有効な方法です。アルコールによる消毒も効果的です。

「適度な湿度の保持」
空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って50~60%の湿度を保つことが効果的です。

「十分な休養とバランスのとれた栄養摂取」
体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日ごろから心掛けましょう。

インフルエンザに感染したら…

38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛等、全身症状が突然現れたら、早めに医療機関を受診しましょう。早めの対処が早い回復につながります。安静にして休養をとりましょう。特に、睡眠を十分にとることが大切です。

咳エチケットしていますか?

インフルエンザは、インフルエンザにかかった人の咳、くしゃみ、つばなどの飛沫(ひまつ)と共に放出されたウイルスを、のどや鼻から吸い込むことによって感染します。飛沫を浴びないようにすればインフルエンザに感染する機会は大きく減少します。  
普段から咳エチケット
1.咳やくしゃみを他の人に向けて発しないこと
2.咳やくしゃみが出るときはできるだけマスクをすること
3.手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗うこと を守ることを心掛けてください。

よくある質問
ページの先頭へ