病後児保育室(丹荘保育所内)のご案内

町では、令和4年4月より、丹荘保育所内に病後児保育室を設置し、病気やけがの回復期にあるお子さんを、保護者の勤務等の都合により家庭での保育や集団保育が困難なときに、一時的に預かる病後児保育事業を開始します。

事前登録(令和4年3月10日より受付)

事前登録を令和4年3月10日(木曜日)より受け付けます。

対象児童

次の1から3の条件をすべて満たす児童となります。

1.町内に住所を有する、又は町内の保育所等に在籍する1歳から小学校就学前までの児童

2.病気の回復期にあり、医療機関による入院治療の必要がないが、安静の確保に配慮する必要があるため、集団での保育が困難な児童

3.保護者が勤務、傷病、事故、出産、冠婚葬祭その他やむを得ない理由により家庭での保育が困難な児童

対象となる疾患及び回復期の範囲

〇感冒、消化不良症(多症候性下痢)等の児童が日常罹患する疾病 ⇒ 急性期を経過した以降

〇麻しん、水痘、風しん等の学校保健安全法施行規則(昭和33年文部省令第18号)第19条に規定する伝染性疾患 ⇒ 他の児童に感染するおそれがある感染期を経過した以降

〇ぜん息等の慢性疾患 ⇒ 発作が治まった以降

〇骨折、熱傷等の外傷性疾患 ⇒ 症状が安定した以降

〇上記の他かかりつけの医師が病後児保育の利用が可能と判断した病気 ⇒ 医師が病後児保育が可能と判断したとき

実施場所

丹荘保育所(大字八日市222番地1) 電話0495-77-4048

利用日時

月曜日から金曜日(土日祝・年末年始を除く)
午前8時30分から午後5時まで
※利用できるのは連続して7日間まで(土日祝を除く)

利用定員

1日3人(申込順)

利用料等

利用料:児童1人当たり1日2,000円・4時間以内1,000円

昼食代等:1日250円

利用の流れ

1.事前登録手続き

利用を希望する場合は、事前に「神川町病後児保育利用登録申請書」の提出が必要です。申請書に必要事項を記入のうえ、町民福祉課に提出してください。

2.空き状況確認(仮予約)

丹荘保育所へ空き状況を確認し、仮予約をしてください。

3.「神川町病後児保育診療情報提供書」の記入依頼

かかりつけ医を受診し、医師に「神川町病後児保育診療情報提供書」の記入をお願いしてください。

4.本予約

「神川町病後児保育診療情報提供書」の発行を受けたら速やかに、丹荘保育所へ利用希望日前日の午後4時までに電話で本予約をしてください。

5.利用

利用する当日に、「神川町病後児保育利用申請書」及び「神川町病後児保育診療情報提供書」を病後児保育室に提出し、利用してください。

病後児保育室では、看護師や保育士が子どもの体調に合わせて看護や保育を行います。

6.利用料の支払い

病後児保育が終了したら納付書を発行しますので、利用料の支払いを行ってください。

申請書等

この記事に関する
お問い合わせ先

町民福祉課 子育て支援担当
〒367-0292
埼玉県児玉郡神川町大字植竹909
電話番号:0495-77-2112 ファックス:0495-77-2117