不妊治療費の助成制度

神川町では、不妊に悩むご夫婦が、不妊治療を受けることによる経済的負担を軽減し、少子化対策の推進を図ることを目的に不妊治療費の助成を始めました。

また、平成28年4月1日から女性の不妊治療(特定不妊治療)に伴う男性不妊治療についての助成も始めました。

対象者

1~3すべての項目に該当する夫婦

  1. 埼玉県不妊治療費助成事業の支給決定を受けていること。
  2. 夫婦又は夫婦のうちの一方が、本町に居住し住民基本台帳に記載されていること。
  3. 町税等を滞納していないこと。

助成内容

助成対象経費から埼玉県不妊治療費助成額を差し引いた金額のうち、

特定不妊治療 →10万円を限度に1年度1回まで、通算5年度助成します。

男性不妊治療 → 5万円を限度に1年度1回まで、通算5年度助成します。

◎転入前の他市町村で同様の助成を受けていた場合は、

上限額や通算年度に違いが生じることがありますので、お問い合わせください。

申請に必要な書類

  1. 埼玉県不妊治療費助成事業不妊治療実施証明書の写し※
  2. 埼玉県不妊治療費助成事業助成金支給決定通知書の写し
    ※の書類については、本庄保健所に提出する前にコピーをしてください。
  3. 治療費の領収書
  4. 申請者の印鑑
  5. 振込先の口座がわかるもの(申請者名義の金融機関名、支店名、口座番号、口座名義)

申請期限

埼玉県不妊治療費助成事業助成金の支給決定日が属する年度内に申請してください。

申請先

  • 申請先 :神川町保健センター 電話番号 : 0495-77-4041
  • 様式のダウンロード:神川町不妊治療費助成金支給申請書(Wordファイル55KB)
  • 埼玉県ホームページ(外部リンク)

不育症について

妊娠はするけれども、流産、死産や新生児死亡などを繰り返して結果的に子どもを持てない場合を、不育症と呼んでいます。

不育症は決してまれでな症状ではありません。しかし、適切な治療により出産できる方も増えています。不育症についての詳しい情報は、下記の厚生労働省研究班ホームページをご覧ください。

相談窓口

埼玉県内では専門の相談窓口がありますのでお問合せ下さい

女性の健康に関する相談

本庄保健所において妊娠・避妊・不妊・更年期障害などの女性の健康に関する相談を行っております。

電話相談:毎週月~金曜日、午前8時30分~午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

電話番号:本庄保健所代表番号 0495-22-6481

埼玉県不妊専門相談センター

専門医が不妊に関する検査や治療などの医学的な相談(面接相談・予約制)を無料で受けています。

場 所:埼玉県川越市鴨田字辻道町1981(埼玉医科大学総合医療センター内)

面談日時:火曜日及び金曜日、午後4時から午後5時

予約方法:049-228-3674(電話番号)

妊娠・不妊・不育症に関する電話相談

助産師による、不妊・不育症に関する電話相談を行っています。

電話番号:048-799-3613

相談日時:月曜日及び金曜日、午前10時から午後3時

この記事に関する
お問い合わせ先

保険健康課 保健センター
〒367-0292
埼玉県児玉郡神川町大字植竹900-1
電話番号:0495-77-4041 ファックス:0495-77-0550