地域包括支援センター

役割

地域包括支援センターは、介護保険法に基づき、地域の高齢者等が安心して暮らし続けられるように、日常の様々な相談をお受けして、介護保険やその他のサービス等を上手に利用するための支援を行う拠点として設置されています。高齢者がいつまでも健やかに住み慣れた地域で生活していけるよう、高齢者とご家族をさまざまな方面から総合的に支援します。

  • 高齢者の心身の状態にあわせた介護予防事業を行います。
  • 高齢者やご家族の相談を受け付け、支援します。
  • 高齢者の虐待を防止し、高齢者の権利を守ります。
  • よりよい介護のため、ケアマネジャーを支援します。

地域包括支援センターの対象者

高齢の方は誰でも地域包括支援センターを通じて介護予防の支援を受けられます。

地域包括支援センターでは、介護予防に関する情報の提供をはじめ、地域の実情に合わせて介護予防教室の立ち上げなどを支援します。必要と判断されたら、運動器の機能向上や認知症予防等の支援も受けられます。まずは一度、ご相談ください。

対象となる方の一例

  • 高齢の方
  • 寝たきりや認知症等で介護が必要な方
  • 一人暮らしで日常生活に不安のある高齢者
  • 高齢者を介護する家族
  • 要支援1・2又は総合事業対象者の認定を受け、介護予防サービスを利用する方など

相談内容の一例

  • 介護サービスを利用したいが、どんなサービスがあるのか、また手続の方法がわからない。
  • 介護保険では「自立」と判定されたけれど、何か介護支援が受けられないか。
  • 今の介護サービスだけでは、介護しきれない。
  • 利用している介護サービス(事業所)に関する困りごとがある。
  • 介護のことで悩んでいるが、誰に相談して良いのか分からない。
この記事に関する
お問い合わせ先

保険健康課 地域包括支援センター
〒367-0246
埼玉県児玉郡神川町大字関口90
電話番号:0495-74-1155 ファックス:0495-74-1156