地域支援事業

高齢者が要介護(支援)状態になることを予防するとともに、要介護状態等になった場合でも、いつまでも地域において自立した生活を送れるように支援します。

1.『新しい介護予防・日常生活支援総合事業について!』

2.『総合事業の ~ 相談からサービスまでの流れ』

3.『介護予防教室(体操教室)のご案内』

4.『その他の事業』

総合相談・支援

介護保険だけでなく、福祉や医療、介護予防などさまざまな制度や地域資源に関する総合的な総合的な相談支援を行います。

介護予防マネジメント

『要支援1』『要支援2』『事業対象者』と認定された人や支援や介護が必要となる恐れが高い人が自立して生活できるように、介護保険や介護予防事業などで介護予防の支援を行います。

権利擁護業務

お金の管理や契約に関することに不安があり、頼れる家族がいないときには、成年後見制度や地域福祉権利擁護事業が利用できます。センターでは、これらの制度説明や利用支援を行います。また、虐待の早期発見、把握に努め、他の機関と連携して高齢者のみなさんをお守りします。

包括的・継続的マネジメント

高齢者のみなさんを直接支援するほかに、みなさんを支える指定居宅介護支援事業所のケアマネジャーが、円滑に仕事ができるよう支援を行います。

家族介護継続支援事業

介護者の負担を軽減するために、介護用品(紙おむつや尿取りパッド)を支給します。

地域自立生活支援事業

高齢者が地域で自立した生活を送れるよう、見守りや安否確認を含めた配食サービスを行います。また、高齢者の生きがいづくり・健康づくりのための事業を推進します。

この記事に関する
お問い合わせ先

保険健康課 地域包括支援センター
〒367-0246
埼玉県児玉郡神川町大字関口90
電話番号:0495-74-1155 ファックス:0495-74-1156

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。