子宮頸がん予防ワクチン定期予防接種の対応について

子宮頸がん予防ワクチンの予防接種が、平成25年度から定期予防接種となりましたが、平成25年6月14日現在、厚生労働省での審議結果により、積極的な勧奨(個別通知)はすべきではないとされました。

接種の中止ではありませんので、接種を強く希望する人は、有効性・副反応等について、十分検討し、理解した上で接種を受けるようにしてください。

平成25年度に対象年齢の方へは、通知を送付しましたが、平成25年6月14日現在、厚生労働省の勧告に基づき、積極的なご案内はしておりません。

※詳しい内容は、厚生労働省の子宮頸がん予防ワクチンのリーフレットをご覧ください。

  • この予防接種は、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を防ぎ、子宮頸がん等のHPVによる疾病の発生を予防することを目的としています。なお、ヒトパピローマウイルス感染症のワクチンは「筋肉内接種」で、他のワクチン接種での一般的な「皮下注射」とは方法が違います。
  • ワクチン接種当日は激しい運動は避け、接種部位を清潔に保ち、また、接種後の体調管理をしっかり行い、接種部位の異常反応や体調の変化、さらに、高熱、けいれん等の異常な症状を呈した場合には、速やかに医師の診察を受けてください。
  • ワクチンの接種にあたってのリスク、接種後の有効性等は、厚生労働省の資料をご覧ください。
  • ワクチン接種後に体調の変化があった場合は、すぐに医師に相談してください。また、医療機関での治療が必要になった場合は、法律に基づく救済制度が受けられます。

※子宮頸がん予防ワクチンの接種は強制ではありません。上記の有効性、リスク等について、十分に理解した上で、接種を受けるかどうかご判断ください。

○HPV電話相談窓口

電話番号 : 0422-70-1485

この記事に関する
お問い合わせ先

保険健康課 保健センター
〒367-0292
埼玉県児玉郡神川町大字植竹900-1
電話番号:0495-77-4041 ファックス:0495-77-0550

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。