神川町マスコット「神じい&なっちゃん」

なっちゃん

なっちゃん

プロフィール
神川・神泉が合併した平成18年1月1日生まれ。神川町のどこかの梨畑に住む妖精で神じいの孫。思いやりがあり、人なつっこく愛らしい。梨が大好き。

デザインイメージ
名産の梨をイメージした頭部、神流川の恵みをイメージした裾に、胸には冬桜をつけて華やかさをプラスしています。

神じい

神じい

プロフィール
生まれたのは遠い昔。
城峯山に住んでいて、神川町のことなら何でも知っている仙人。日本武尊が城峯山から御嶽山に向かうのを案内したことがある。

デザインイメージ
神川・神泉両町村が冠していた「神」をモチーフに、名産の梨、名物の冬桜でアレンジ。高齢者に優しく、高齢者福祉に力を入れ、高齢者に活力のある町をイメージ。

なっちゃんの絵日記

神じいとなっちゃんがお出かけした場所を絵日記で紹介します。

この記事に関する
お問い合わせ先
経済観光課 きらり観光室商工観光担当
〒367-0292
埼玉県児玉郡神川町大字植竹909
電話番号:0495-77-0703 ファックス:0495-77-3915